環境ビジネスを応援します!
環境ビジネスエージェンシーのブログ

ここは株式会社環境ビジネスエージェンシーのブログです。
環境で事業の発展を目指す法人の皆様をプロモートすることが私たちのミッションです。
そのために必要な環境ビジネスに必要な人、情報、インフラ、全ての経営資源をコーディネートします。

2017.10.04 Wednesday

【情報開示のすすめ】コーポレートレポート、環境・CSR報告書 を発信してみませんか。

 夏をピークに、企業のアニュアルリポート、サステナビリティレポート、環境・CSR報告書と呼ばれる2017年度版報告書が続々と発行されています。

 貴社のCSR広報活動の一環として、閲覧サイト「CSR図書館.net」「エコほっとライン」等に報告書を掲載し、全てのステークホルダーに向けたメッセージを発信・情報開示してみませんか?

 

 なんと!?「CSR図書館.net」は、 掲載無料だそうで驚きです。

 

 

 

http://csr-toshokan.net/index.php?page=index.about&global_menu=csrlib&

 

 最近、インターネット、新聞や雑誌等の記事では、企業活動(非財務情報)と財務情報を統合した報告書「コーポレートレポート」という名の統合報告書を発行している企業を多く目にするようになり、ここ数年で、企業の情報開示は大きく変わってきています。

 その理由の1つ目に、売上高や利益といった財務情報と二酸化炭素(CO2)排出量や女性管理職比率といった非財務情報を一体化した統合報告書を発行する企業が増えていること、2つ目に、非財務情報の開示量が増えていることが挙げられます。
 例えば、ある企業では人事データを拡充し、従業員の定着率や離職率、メンタルヘルス休職者率などをCSR報告書に載せている。こうした動きの背景には、「ESG(環境・社会・ガバナンス)投資」の拡大があるといえます。

 

 今般、環境省では、環境活動に積極的に取り組む企業が投資家等から適切に評価され、適切に資金が流れる社会の構築を目指し、環境情報を中心とした実質的な対話を行う【環境省:環境情報開示基盤整備事業 ESG対話プラットホーム】の本格運用を見据えた運用実証を行っています。

 

      

 

    ※上記のイラスト出典元:【環境省:環境情報開示基盤整備事業 ESG対話プラットホーム】

 また2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)にフォーカスを当て、SDGsと事業の関係や実現に向けた取り組みなどを全てのステークホルダーに発信している企業が増えてきています。

 

 弊社(環境ビジネスエージェンシー:略称eba)のアドバイザリーサービスでは、企業の皆さまのCSR活動が新たな事業機会となり、本業に新しい価値を加え、本業を成長させることや、経済的・社会的価値をともに創造するCSVを基に、ESG情報の開示やSDGs目標達成に向けての取組み方法を提案します。

 

 是非、「統合報告書を作りたい、ESG情報を開示したい、SDGsに取り組みたい」等のご相談がございましたらお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。貴社のご要望に応じた提案を致します。

 

 

【参考】

「CSR図書館.net」運営会社:株式会社ブレインズ・ネットワーク

「エコほっとライン」運営会社:有限会社インフォワード

                                                (以上)

 

2017.10.03 Tuesday

【採用情報】Er・PresentTreeプロジェクト運営スタッフ

以下、当社代表鈴木が代表理事を務める環境リレーションズ研究所での採用のお知らせです。
ご興味ある方、是非この機会にご応募くださいませ。

===以下、転載===

この度、環境リレーションズ研究所では人員補充のため職員を募集をしております。

今回募集するのは、「Present Tree」プロジェクトスタッフです。
あなたにお任せしたいのは、森林再生と地域振興を目的とするこのプロジェクトにより多くの企業や生活者が楽しく、気軽に参加できる仕組みを作り上げていくこと。
業務は多岐におよぶので、自分の仕事の領域を限定せず何でもトライしながら、プロジェクトに大きな成果をもたらしてください。

★募集の詳細、応募方法はこちらからご覧ください★

記念樹を森林再生と地域振興につなげる「Present Tree」プロジェクトスタッフ

2017.08.30 Wednesday

【お知らせ】サスティナブル・ビジネス・ウィメン等主催 公開ブリーフィング(第3回)2020 SDGs 東京五輪「持続可能性運営計画第2版」に向けて、企業との共有!~

【お知らせ】

 当社代表・鈴木敦子が所属するサスティナブル・ビジネス・ウィメン等主催の公開ブリ―フィング(第3回)が開催されます。参加申し込みは下記のリンク先から可能です。皆様、お誘い合わせの上ふるってご参加ください。

 

※詳細は、以下およびリンク先にてご確認ください※

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サスティナブル・ビジネス・ウィメン等主催

公開ブリーフィング(第3回)2020 SDGs 東京五輪「持続可能性運営計画第2版」に向けて、企業との共有!~

 

【詳細について】

持続可能なスポーツイベントを実現するNGO/NPOネットワーク(SUSPON)

http://suspon.net/ev_170914briefing

一般財団法人 地球・人間環境フォーラム

http://www.gef.or.jp/news/event/20170914susponbriefing/

 

一般のお申込み先 : SUSPON事務局】

https://ssl.form-mailer.jp/fms/7f712ecd529289

 

取材のお申込み先 : サスティナブル・ビジネス・ウィメン事務局(株式会社環境ビジネスエージェンシー内 】

プレスリリース_オリパラシンポジウム第3弾_170828_as

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■日時  2017年9月14日(木)11:30~14:00

 ・報道関係者受付開始午前10:30~       

 ・一般参加者受付開始午前11:00~(開場 午前11:10)

 

■場所 3×3 Lab Future サロン(東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階)

 

■主催  サスティナブル・ビジネス・ウィメン、 一般財団法人 地球・人間環境フォーラム、 

    持続可能なスポーツイベントを実現するNGO/NPOネットワーク(SUSPON)、 

    公益財団法人 自然エネルギー財団

 

■協力 NPO法人サステナビリティ日本フォーラム(Sus-Fj)、 三菱地所株式会社

 

■概要 

 「持続可能な大会」として名高い、2012年ロンドン五輪・パラリンピックの成功の秘訣は、計画初期段階から多くの民間ステークホルダーを巻き込めたことにあるといえます。

 

 2020年東京大会でも、2015年2月に発表した「大会開催基本計画」ビジョンに「エンゲージメント」を掲げ、「大会ビジョンを広く醸成し国内外の人々と共に大会を創りあげていく活動」として、学識経験者、民間セクター、NGO・NPO、業界団体等多くの方々と協働で取組む、と謳っています。

 

 少なくない有識者から、東京大会はロンドンに比べて対応が遅い、との指摘を受ける中、エンゲージメントについても、捗々しくないようです。

 

 そこで、残り3年を切る今、具体的内容が求められている「持続可能性に配慮した運営計画 第2版」(2018年3月公表予定)に向けて、学識経験者たちが持続可能性配慮施策として何を提言していて、それに対応するアクションとして、民間部門や国内NGO・NPO達がどこまで準備を進めているのか?その実現のためには各主体がどのように参加することができるのか?について、公開ブリーフィングを開催、エンゲージメントの構築により準備の加速化を目指します。

 

■サスティナブル・ビジネス・ウィメンについて
 日本の未来のためには、環境を良くすることで経済を発展させ、経済の活性化が環境を改善する『環境と経済の好循環』を作っていくことが重要。そのためには「女性のチカラがもっと活用されなければならない!」と、2004年に小池百合子環境大臣が、環境関連ビジネスに関わる女性経営者や女性オピニオンリーダー10名(第一期メンバー)と共に開いた懇談会。「環境と経済の好循環」の実現を主題とし、環境ビジネスについて女性リーダーの視点で議論したのが特徴。

 

 その後、歴代の環境大臣に引き継がれ、第二期、第三期、第四期とメンバーを加えながら社会への発信を続けてきた。2007年6月に一般社団法人化したが、2013年3月に発展的解散。現在、当時のアクティブメンバーらが集まり「サスティナブル・ビジネス・ウィメン」として再結成。

2017.05.29 Monday

【お知らせ】事務所移転のご案内(大手町I・Tビル ⇒神田小川町ビル)

拝啓 新緑の候 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

平素は格別のご厚情を賜り、有難く厚く御礼申し上げます。

このたび 5月29日(月)より下記住所に事務所を移転し業務を開始致しました

ので、略儀ながら書中をもってお知らせかたがた、近況ご報告申し上げます。 

 

 

                    記

 

          新住所:〒101-0052
          東京都千代田区神田小川町2-3-12 神田小川町ビル8階

 

          ※電話・FAX番号に変更はございません。

          ※地図はこちらからご確認いただけます。

           http://www.ebagency.jp/company.html

 

敬 具 

  平成29年5月吉日 

 

株式会社環境ビジネスエージェンシー 代表取締役

認定NPO法人環境リレーションズ研究所  理事長

鈴木敦子

 

 

 

 

<各プロジェクトの近況ご報告>

 

過疎の進む全国各地の皆伐放置林等に樹を植えて、その樹に首都圏の人達が里親として張り付き、自身の大切な記念の樹として以後10年間、地元の人達と共に育てていく活動=PresentTree(プレゼントツリー)は13年目を迎え、国内25カ所に拡がり、のべ447万人の方々にご支援いただくまでに育っています!

http://www.presenttree.jp/index.html

 

 

 

 

 

 

 

2012年10月に東日本大震災被災地でのプレゼントツリー第1弾、岩手県宮古市における森づくりが始まり、2014年からは宮城県大崎市で第2弾、そして昨年3月からは、いよいよ第3弾として福島県双葉郡広野町の防災緑地の森づくりをスタート!被災地のPresentTreeの森に沢山の人の流れをつくるのが、私たちのミッションです。

http://www.presenttree.jp/media2/20160115_4.html

 

 

 

 


PresentTreeからの派生プロジェクト、里山を再生し、都市の緑を増やし、障がい者の就労支援につなげる「アーバン・シード・バンク 里山-BONSAI」が、環境大臣賞グッドライフ特別賞を受賞しました。

http://www.goodlifeaward.jp/glaentry/glaentry-3779

 

 

 

 

 

 

 

 

環境法令サポートは、本年4月より下記2法令が追加、 計55法令対応に増強!

1.建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法 2017年4月施行)

2.水銀による環境の汚染の防止に関する法律(水銀汚染防止法 2017年8月施行予定)

http://www.kankyohourei.com

 

 

 

 

 

 

オリパラ2020大会の持続可能性への取組み準備の加速化を目論見、昨年12月の第一弾ロビイングイベントに引き続き、本年もいろいろ企画中です!

http://www.renewable-ei.org/activities/events_20161204.php

 

 

 

 

 

 

 

 

福島県浜通り地域にリサイクル産業を集積し、復興に繋げていく「スマート・エコパーク」構想について、事業化に向けたマッチングのお手伝いをしてまいりました。

http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/data/research/h27fy/h2803_smartecopark/00_gaiyou.pdf

 

 

2017.01.25 Wednesday

【お知らせ】サスティナブル・ビジネス・ウィメン主催 企業のためのシンポジウム SDGs「持続可能な生産消費」の具体化~五輪の調達を好機に!~

【お知らせ】

当社代表・鈴木敦子が所属するサスティナブル・ビジネス・ウィメン主催のシンポジウムがSus-FJと協力のもと開催されます。参加申し込みはSus-FJの公式HPから可能です。皆様、お誘い合わせの上ふるってご参加ください。

 

※詳細は、以下およびリンク先にてご確認ください※

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サスティナブル・ビジネス・ウィメン主催

企業のためのシンポジウム SDGs「持続可能な生産消費」の具体化~五輪の調達を好機に!~

http://www.sustainability-fj.org/seminar/20170223/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■日時  2017年2月23日(木)15:00~17:30 (14:30受付開始)

■場所  都道府県会館 101大会議室 東京都千代田区平河町2-6-3

■主催  サスティナブル・ビジネス・ウィメン、公益財団法人 自然エネルギー財団、
     持続可能なスポーツイベントを実現するNGO/NPOネットワーク(SUSPON)

 

■概要 2016年を概観すると、パリ合意がスピード発効するなど気候変動問題では進展がみられた一方で、イギリスのEU離脱、トランプ現象など今までの常識では予測できないイベントが続き、欧州の難民問題や世界各地でのテロの多発など、社会的な混迷が国際社会共通の課題に浮上した年でした。

今、環境問題に加え貧富の格差などを解消し社会の持続可能性を高めるために国際社会で合意された17のターゲットからなるSDGs(持続可能な開発アジェンダ2030)の取り組みの重要性が増しています。その中でもターゲット12の「持続可能な生産と消費の確保」は、産業界・企業が中心的な役割りを期待されており、グローバルな経済システムの持続可能性を高める手段としても注目されます。特に産業界・企業に期待されることは、世界中に張り巡らされたサプライチェーンの持続可能性を高めることで、これは近年日本でも急速に拡大しているESG投資家が注目する取り組みでもあります。

こうした中、具体的な取り組みとして特に注目されるのが、2020年東京大会に係わる調達です。この機会は、世界的にもまた特に日本企業に対して持続可能なサプライチェーン構築を加速させる契機として期待されています。そこで本セミナーでは、過去のオリンピックでの調達事例や東京オリンピックでの取り組み状況などを具体事例にとりあげ、持続可能なサプライチェーンの構築のためのヒントを探ります。参加頂く多くの企業の方々へ、新たなビジネスチャンスを提供したく存じております。

 

■サスティナブル・ビジネス・ウィメンについて
日本の未来のためには、環境を良くすることで経済を発展させ、経済の活性化が環境を改善する『環境と経済の好循環』を作っていくことが重要。そのためには「女性のチカラがもっと活用されなければならない!」と、2004年に小池百合子環境大臣が、環境関連ビジネスに関わる女性経営者や女性オピニオンリーダー10名(第一期メンバー)と共に開いた懇談会。「環境と経済の好循環」の実現を主題とし、環境ビジネスについて女性リーダーの視点で議論したのが特徴。その後、歴代の環境大臣に引き継がれ、第二期、第三期、第四期とメンバーを加えながら社会への発信を続けてきた。2007年6月に一般社団法人化したが、2013年3月に発展的解散。現在、当時のアクティブメンバーらが集まり「サスティナブル・ビジネス・ウィメン」として再結成。

 

 

2016.10.06 Thursday

【水質】堺の公園 基準460倍 六価クロム 住民「子供吐いた」(大阪)

 ■隣接工場解体で漏洩か

堺市は8日、同市堺区七道東町の並松公園の土壌から、最大で国の環境基準の460倍の六価 クロム化合物が検出されたと発表した。隣接する旧メッキ工場の解体作業の際に化学薬品が漏れ た可能性がある。近隣の住民から「目がしばしばする」などと通報があったが、具体的な健康被害 は確認されていないという。市は土壌がどの程度汚染されたか調査したうえで、年内をめどに撤去 する。                   

 ◇  

市は通報を受けて公園4カ所で土壌を調査。その結果、六価クロム化合物は2カ所で基準を超 え、うち1カ所で基準の460倍となった。また基準を超えるシアン化合物も1カ所で検出された。い ずれもメッキ加工などに使われる化学薬品で、六価クロム化合物は触れると発疹や炎症が起き、シ アン化合物は頭痛、めまいなどを起こすとの報告があるという。

 市によると、解体工事は今年5月ごろに始まり、解体業者が同10日から6月9日まで市の許可を 受けて公園の一部を資材置き場として使用。5月18日に住民から「(工場付近の)道路側溝に紫色 の水が流れていた。目がしばしばしたり、子供が吐いたりし、ツンと来るにおいもあった」との通報が あった。7月5日に公園の一部を立ち入り禁止にし、今月8日に周囲すべてをフェンスで囲い、全面 的に立ち入り禁止にした。

 解体業者は市の聞き取りに「工場敷地内に薬品をこぼしたことはあるが、公園内にはこぼしてい ない」と説明。市は、化合物が工場から出たものか調べたうえで、廃棄物処理法違反事件として大 阪府警に被害届を出すことも検討している。              

 

【用語解説】六価クロム

酸化剤として金属の洗浄やメッキ加工など産業分野で広く使われる物質。毒性があり、皮膚に付 着すると炎症や潰瘍の原因となり、体内に蓄積した場合、肝臓障害や肺がんなどを引き起こすとさ れる。六価クロム化合物は水質汚濁防止法の有害物質に指定されており、工場廃液による水質汚 染が社会問題となった。

出典:2016/09/09 産経新聞 大阪朝刊

 

uncategorized — admin @ 2:30 pm

2016.04.04 Monday

2016年 GW休業のお知らせ

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて誠に勝手ながら、弊社では下記日程をGW休業とさせて頂きます。

 

  2016年4月29日(金) ~ 2016年5月8日(日)
  ※5月9日(月)から平常どおり営業いたします。

 

ご不便をお掛けすることと存じますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。

なお期間中のお問い合わせにつきましては、5月9日(月)以降、順次ご対応させて頂きます。

引き続き変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

                          敬具

                                                                        株式会社 環境ビジネスエージェンシー

2016.01.18 Monday

消費税率の改定に伴う「PresentTree」価格の一部改定について

2016年1月18日

お客様各位

 

消費税率の改定に伴う「PresentTree」価格の一部改定について

 

株式会社環境ビジネスエージェンシー

 

拝啓

時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、2014年4月より消費税率が8%に増税されましたが、当社環境ビジネスエージェンシーで取り扱う「PresentTree」は2005年の開始以来の10年間、価格を据え置いてまいりました。

しかしながら、今般10年後の残存本数の見込みの変更と、植栽や維持管理等外注費にかかる消費増税負担及び物価上昇等による実質的な原価が高騰し、現在の価格を維持することが大変困難になってまいりました。そこで、「PresentTree」を運営する認定NPO法人環境リレーションズ研究所では、2016年4月より以下の通り一部のラインナップにおける価格を改定することになりました。

上記価格改定に伴いまして、当社においても「PresentTree」の価格を変更させていただきます。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

敬具

価格の一部改定について

1.価格改定実施日:2016年4月1日 

2.対象商品、新価格

ラインナップ名

現行価格(税込価格)

2016年3月31日迄に決済(発注)いただいた商品が対象。

新価格

2016年4月1日以降に決済(発注)いただいた商品が対象。

北海道雨竜【北海道】

4,725円/本

変更なし

ひろの【福島】

4,725円/本

変更なし

AFRICA【ブルキナファソ国】

13,500円/本

変更なし

ウルトラマンの森【岐阜】

6,075円/本

変更なし

みやぎ大崎【宮城】

4,725円/本

5,400円/本

宮古【岩手】

4,725円/本

5,400円/本

飛騨高山【岐阜】

4,725円/本

5,400円/本

甲斐【山梨】

4,725円/本

5,400円/本

※PresentTree(プレゼントツリー)を「寄附金」としてお取り扱いの場合はこちらをご確認ください。

 

3.参考資料

増税に関するお取り扱いにつきましては、内閣府発行の下記資料についてもご参照くださいますようお願い致します

▼[参考:内閣府資料](PDFファイル)

 消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法及びガイドライン等について

  http://www.cao.go.jp/tenkataisaku/pdf/houritugl.pdf (外部リンク)                                                以上

2015.12.02 Wednesday

2015年 年末年始休業のご案内

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて誠に勝手ながら、弊社では下記日程を年末年始休業とさせて頂きます。

 

  2015年12月26日(土) ~ 2016年1月3日(日)
  ※1月4日(月)から平常どおり営業いたします。

 

ご不便をお掛けすることと存じますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。

なお期間中のお問い合わせにつきましては、1月4日(月)以降、順次ご対応させて頂きます。

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

                    
                                                    株式会社 環境ビジネスエージェンシー

2015.09.17 Thursday

【日誌】”EA21”を斬る/前篇:環境担当者はつらいよ。

こんにちは。コンサルティング事業部のKです。

 

そろそろ環境報告書やCSR報告書を準備している企業が多いのではないでしょうか。10~11月にかけて発行する企業が多いように感じます。またこの秋、ISO14001・9001が10年ぶりの改訂となり、環境CSR担当者のみなさま、猫の手も借りたい時期ではないでしょうか?(猫よりちょっとマシな手でよければ、Kにお声掛けください!)

 

さて当社は「エコアクション21(通称:EA21)」という環境経営システムの認証を受けています。EA21とは、ざっくり言うと、中小企業向けの環境省版ISO14001でして。

 

私Kは、当社のEA21責任者として、てんやわんやで管理しております。

そのてんやわんやっぷりと、環境コンサルタントの意地で、いかに克服したかを、2回に渡って、書きたいと思います。本日・前篇は「環境担当者はつらいよ!」。次回・後編は「15帳票、1つにまとめました!」です。

 

 

続きを読む >>

コンサルタントK日誌 — admin @ 5:36 pm

Powered by WordPress