環境ビジネスを応援します!
環境ビジネスエージェンシーのブログ

ここは株式会社環境ビジネスエージェンシーのブログです。
環境で事業の発展を目指す法人の皆様をプロモートすることが私たちのミッションです。
そのために必要な環境ビジネスに必要な人、情報、インフラ、全ての経営資源をコーディネートします。

2013.04.30 Tuesday

【廃棄物】木材チップ野積み 廃棄物処理法違反 業者を撤去指導(和歌山)

和歌山県新宮市の産業廃棄物処理業者が、破砕処理した木材チップを同市相賀に野積みにしていることが分かった。チップは野ざらしの上、一部チップの上にかぶせた土の中にコンクリート片が交じっていることなどから、和歌山県東牟婁振興局は廃棄物処理法に違反するとして二十四日、早急に全撤去するよう口頭で行政指導した。  

 チップが積まれているのは、新宮市相賀の国道168号から西へ約三百メートル入った空き地。業者によると、空き地は借地で、約三千平方メートル。チップの一部は高さ六メートル以上の山になっており、平たんな場所の一部はコンクリート片交じりの土をかぶせていた。  
 

 業者は「チップは工場などにバイオマス燃料として販売している」というが、野ざらしになっているため、県は廃棄物と判断した。  

 同社の社長は「指導に従い、撤去する」と話している。

出典:2013/4/25 中日新聞朝刊

コンプライアンス事例 — ebablog @ 2:21 pm

2013.04.25 Thursday

【水質】畜産排水規制を強化 硝酸性・亜硝酸性窒素 1リットル700ミリグラムに/7月から環境省(全国)

環境省は7月から、牛や豚などの畜舎から生じる排水中の硝酸性窒素と亜硝酸性窒素の暫定基 準値を現行1リットル当たり900ミリグラムから同700ミリグラムに強化する方針を打ち出した。
対象と する畜舎の面積は豚で50平方メートル以上、牛で200平方メートル以上、馬で500平方メートル 以上とし、全国で3万戸が該当する。

同省は各自治体の実態調査を踏まえ「適正に排水処理を行 えば、規制を強化しても順守できる状況にある」(水環境課)と判断した。  

続きを読む >>

コンプライアンス事例 — ebablog @ 2:07 pm

2013.04.18 Thursday

【排出枠】“社有林を活用、排出枠を販売” 道路工業

 道路工事を手がける道路工業(札幌市)は排出量取引制度に参加する。自社で保有する山林を生かして排出枠を確保、自社工場で排出するCO2と相殺し、今後は販売に乗り出すという。


 同社は1978年から松や杉を植え、計1800万平方メートルの森林を持ち、このうち7%分について今年3月環境省から排出枠の認証を得た。金額にすると750万円程度に相当する。


 今度は取引事業者を経由したら自社で販売先を探して排出枠を販売する。また社有林は将来3000万平方メートル程度に増やす考えで、排出枠も拡大していくという。


 


出典:日本経済新聞 地方版


 

環境マーケティング事例 — ebablog @ 4:46 pm

2013.04.18 Thursday

【廃棄物】無料回収業者を逮捕 県警 無許可収集疑い、全国初(岐阜)

岐阜県警生活環境課と岐阜北署は4月11日、岐阜市長の許可なく無料で使用済み家電を回収したとして、廃棄物処理法違反(一般廃棄物の無許可収集運搬業)の疑いで、同市西中島の無料回収所「ファイブエス」の経営者小林泰誌(27)、元従業員の無職國井真澄(27)の両容疑者を逮捕した。

同課によると、「無料回収」などとうたい、使用済み家電を回収・転売する業者の摘発は全国初。両容疑者とも回収したことなどは認めているが、「違法とは知らなかった」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、岐阜市長の許可を得ずに、昨年11月中旬から今年1月上旬までの間、同市西中島の回収所でテレビなどを5回にわたって回収した疑い。 同社は同所の回収所のほか、本巣市などで計4カ所の無料回収所を経営。2010年10月ごろから少なくとも約2600万円を売り上げていた。 集めた家電は野外で保管後に重機で破砕し、県内や愛知県などの金属回収業者や輸出業者に転売。金属くずとして中国に輸出されていたとみられる。
県警は専門機関に依頼し同所の土壌調査を実施したが、基準値を超える汚染は確認されなかったという。

出典: 2013/04/12 岐阜新聞朝刊

補足: 環境省は2012年3月、野ざらしにされている冷蔵庫やテレビなどの家電リサイクル法対象4品目などについては廃棄物とみなし、取り締まりを強化するよう、全国の自治体に通知を出している。

参考: いらなくなった家電製品は正しくリユース・リサイクル!(環境省)
http://www.env.go.jp/recycle/kaden/tv-recycle.html

関連記事: 【廃棄物】 無許可で廃家電収集容疑で業者捜索 環境省通達で初(岐阜)
http://ebagency.jp/blog/?p=4072

コンプライアンス事例 — ebablog @ 12:47 pm

2013.04.11 Thursday

【カーボン・オフセット】“CO2ゼロ体操服を販売” トンボ

 学生服製造大手のトンボは、体育衣料や介護・メディカル衣料の主力工場である美咲工場と子会社から排出されるCO2を、岡山県真庭市が削減したCO2を買い取ることで相殺した。


 美咲工場では2012年4月から今年3月まで227トン、子会社で62トン排出。国内クレジット購入量305トンで相殺する。


 美咲工場と子会社で製造される体育衣料は、製造工程におけるCO2排出ゼロ商品として、全国で販売するという。


 


出典:繊維ニュース


 

環境マーケティング事例 — ebablog @ 3:19 pm

2013.04.08 Monday

【廃棄物】産廃を一般ごみに混ぜ不法投棄、元社長を容疑で逮捕(千葉)

 県警は4月4日、千葉市若葉区のごみ収集会社の元社長、山岸潤一容疑者(39)=同区=を廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で逮捕し、発表した。「処理費用を浮かせるためだった」と容疑を認めているという。

 環境犯罪課によると、2012年10月、建築会社2社から請け負った廃材の産廃計24立方メートルの一部を一般ごみに混ぜ、すべて一般ごみと偽って千葉市の清掃工場へ運び込み、1・2トンを不法投棄した疑いがある。翌月にも千葉市の別の清掃工場へ持ち込んだ際に市職員が不正に気づき、市が県警に告発していた。

出典: 2013/04/05 朝日新聞 朝刊

コンプライアンス事例 — ebablog @ 11:37 am

2013.04.04 Thursday

【カーボン・オフセット】“多摩美大のBEMS工事でCO2を相殺” アズビル

 アズビルは、多摩美術大学の八王子キャンパスで、キャンパス内の18棟の建物を監視・制御する中央監視システム(BEMS)の更新工事を請け負った際に、2件のカーボンオフセットを実施。


 工事で使用した電力と、芸術祭の運営で消費したエネルギーから算出したCO2を、同社が所有する計73トンのCO2クレジットで償却した。


 BEMSの更新工事で、現場工事事務所が使用した照明、空調、プリンターの電力で3トン、芸術祭運営で使用した建物の使用電力量、都市ガス使用量をBEMSで集計、使用エネルギーを69トンと算出し、カーボンオフセットを実施した。


 


出典:電気新聞

環境マーケティング事例 — ebablog @ 2:07 pm

2013.04.03 Wednesday

【大気・労災】 胆管がん発症の印刷会社強制捜査、大阪労働局(大阪)

 大阪市の印刷会社「サンヨー・シーワィピー」の元従業員らが胆管がんを相次いで発症した問題で、厚生労働省大阪労働局は2日、元従業員らの健康や安全確保の対策を怠った疑いが強まったとして、労働安全衛生法違反容疑で同社などを家宅捜索した。容疑が固まれば、法人としての同社などを同法違反容疑で書類送検する方針。

 田村憲久厚生労働相は2日の閣議後の記者会見で「刑事事件なので慎重にしっかりとした取り組みをしていきたい」と述べ、刑事事件として立件する方針を明らかにした。

 厚労省は昨年、労働安全衛生法で定める事業主義務を果たしていないとして同社に是正勧告した。同局によると、(1)定期健康診断結果の報告をしていない(2)衛生管理者や産業医、安全管理者を置いていない(3)衛生委員会がない――などの違反があったという。

 大阪労働局はこうした会社側の不備が被害を広げる背景にあったとみて、強制捜査に踏み切ったとみられる。

続きを読む >>

コンプライアンス事例 — ebablog @ 11:49 am

Powered by WordPress