環境ビジネスを応援します!
環境ビジネスエージェンシーのブログ

ここは株式会社環境ビジネスエージェンシーのブログです。
環境で事業の発展を目指す法人の皆様をプロモートすることが私たちのミッションです。
そのために必要な環境ビジネスに必要な人、情報、インフラ、全ての経営資源をコーディネートします。

2013.06.30 Sunday

【廃棄物】産廃、ごみ処理場に不法投棄 府警、容疑で岬町の施設捜索(大阪)

 岬町が運営するごみ処理施設に産業廃棄物を無断で投棄したとして、府警生活環境課は27 日、廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑で、同町からごみの分別業務を委託されている産廃収集運搬会社「近畿保全サービス」(同町深日)と、同町のごみ処理施設「岬町美化センター」を家宅捜索した。
 府警は施設内に出入りできる委託業者の地位を利用し、公金で処理されるごみの中に産廃を紛れ込ませた疑いがあるとみて、押収資料の分析を急ぐ。
 府警によると、同社は5月23日、同センターのごみの仮置き場に、2トントラック6台分のコンクリート破片や廃プラスチックなどの産廃を無断で運び込んで投棄した疑いがある。
 同社は平成24年6月から、一般家庭から集めた粗大ごみの分別業務などを町から委託されていた。分別は仮置き場で行われていたという。センターには同町の嘱託職員が8人勤務しているが、仮置き場には人員を配置していなかった。

出典: 2013/6/28 産経新聞 大阪朝刊

コンプライアンス事例 — ebablog @ 5:52 pm

2013.06.19 Wednesday

【廃棄物】産廃不法投棄、未然に防ごう/県警と仙台市連絡協で確認/仙台市の産業廃棄(宮城)

 産廃不法投棄、未然に防ごう/県警と仙台市連絡協で確認  
 仙台市の産業廃棄物適正処理監視指導員(産廃Gメン)と県警の担当者らの連絡協議会の会合が3日、青葉区の県自治会館であり、東日本大震災に便乗した不法投棄の未然防止に向けた取り組みなどを確認した。  
 市内5警察署や市の担当者ら約50人が出席。県警の田原一成生活安全部長は「悪質で巧妙化する廃棄物事件に適切な対策を講じたい」とあいさつ。市の星康一廃棄物事業部長は「行政の力だけでは不十分で、県警と協力しながら対処したい」と述べた。  
 県警生活環境課によると、昨年の市内の廃棄物処理法違反事件の摘発は22件で、前年より4件少なかった。ことしは4月末で9件と、前年同期より4件多い。

出典: 2013/6/15 河北新報 朝刊

コンプライアンス事例 — ebablog @ 5:45 pm

2013.06.18 Tuesday

【廃棄物】不法投棄の産廃を撤去 国交省が行政代執行 紀の川(和歌山)

 今年度に延伸して開通する京奈和自動車道の建設予定地に産業廃棄物が不法投棄されていた 問題で、国土交通省和歌山河川国道事務所は14日、投棄したとされる産廃処理業者「紀ノ川産業」が撤去命令に従わなかったため、行政代執行を始めた。半年ほどで撤去を完了する予定という。
 現場は、紀の川市粉河の道路建設予定地約2千平方メートル。この日は、午前10時に同事務所の志々田武幸所長が行政代執行の開始を宣言。重機2台で地面を掘り返し始めると、プラスチック類や瓦、コンクリート片などが出てきた。
 同事務所によると、投棄されている産廃の正確な量がわからないため、代執行にかかる費用も不明。国交省は、かかった費用を同社に請求することになる。
 県循環型社会推進課によると、2010年10月に岩出保健所の職員が巡回中に不法投棄を発見し、同11月に県が県警に告発。同社実質経営者の北野雅夫被告(73)は産廃約570トンを不法に投棄したとして廃棄物処理法違反罪などに問われた。今年5月、大阪高裁で懲役4年罰金250万 円の実刑判決を言い渡され、上告中という。

出典: 2013/6/15 朝日新聞 朝刊

コンプライアンス事例 — ebablog @ 5:35 pm

2013.06.04 Tuesday

【廃棄物・水質】四国中央・汚泥投棄 養豚業者に無罪判決 地裁 廃棄物と認定できず(愛媛)

四国中央市の養豚場から出たふん尿などの汚泥を山林に不法に捨てたとして、廃棄物処理法 違反罪に問われた同市の養豚場経営会社と、いずれも同社代表取締役の男性(64)と長男(39) の判決公判が30日、松山地裁西条支部であった。仁藤佳海裁判官は、廃棄物とは必ずしも認定できないなどとして同社と2人に無罪を言い渡した。

 仁藤裁判官は判決で「豚のふん尿などは一定の処理を施せば堆肥として用いることができる」と説明。「被告人らが山林に埋めた物について、堆肥化の処理を施していなかったとはいえず、公訴事実を認定するに足る証拠はない」と判示した。

 判決を受け被告の弁護士は「検察の強引な捜査に不満が残るが、全国の養豚業者がふん尿処 理の問題を抱えている中、再利用に理解を示した判決に感謝している」と話した。

 検察側は「処理費用を惜しみ、悪臭被害による近隣住民の苦痛も甚大」として男性に懲役2年、 罰金100万円を、長男に懲役1年、罰金50万円、同社に罰金500万円をそれぞれ求刑。弁護側は「汚泥ではなく価値ある堆肥で、科学的にも正しく作られている」と無罪を主張していた。

続きを読む >>

コンプライアンス事例 — ebablog @ 3:29 pm

Powered by WordPress