環境ビジネスを応援します!
環境ビジネスエージェンシーのブログ

ここは株式会社環境ビジネスエージェンシーのブログです。
環境で事業の発展を目指す法人の皆様をプロモートすることが私たちのミッションです。
そのために必要な環境ビジネスに必要な人、情報、インフラ、全ての経営資源をコーディネートします。

2015.12.25 Friday

ISO14001・9001 新規格改定対応コンサルティング・サービス開始

株式会社環境ビジネスエージェンシー(代表取締役:鈴木敦子)は、マネジメントシステム(以下MS)コンサルティングの専門家集団「グリムグループ」と提携し、ISO14001・ ISO9001の2015年版・新規格への移行対応支援コンサルティング・サービスの提供を新たに開始いたしました。

 

ISO14001は約11年ぶり、ISO9001は約7年ぶりに、組織の事業活動とMSの一体化、活動結果(アウトプット)の重視、環境・品質のMS統合を目的として、大幅に規格改定されました。そして認証を受けているすべての企業が、2018年8月までに新規格への移行を求められています。当社は、この度、グリムグループと提携し、新規格への移行対応はもちろん 「経営に役立つ視点」を加えて、貴社に見合ったMS=あるべき姿の実現を提案します。

詳しくは以下をご覧ください。

 

サービス紹介ページ: http://www.ebagency.jp/gg/

 

▼サービス概要
 新規格の移行は、移行スケジュールを決め、新規格対応・運用開始~受審まで、12ステップあります(当社基準)
 これらステップを、2018年8月までに、全事業者が移行完了させる事となっており、
 当社は、新規格の解説からマニュアル・手順書改訂など、受審までをトータルにご支援いたします。
 業務提携するグリム・グループは、ISO審査員として多くの実績を持つ方々で構成され、
 長年の経験を活かしたコンサルティング・サービスを実現いたします。

 

▼ご提供範囲:ISO14001/ISO9001/ISO14001・9001統合

 

▼ご提供サービス種別

 ニーズ・ご予算に応じて3つの提供サービスを用意しています。

 その他、ご要望に応じたメニューをご提案いたします。お気軽にご相談ください。下段の専用フォームより承っています。

 ○一括サポート:
  移行に必要な全ステップを一貫サポート。
  主に現状のシステムが実情に合ってない事業者、移行作業に人手が割けない事業者、
  せっかく移行するなら、より良いシステムの構築を目指したい事業者向け。
  
 ○一括サポート(スマート)
  移行に必要な全ステップを一貫サポート。
  現状のマネジメントシステムを活かして、必要最小限で移行したい事業者向け。

 

 ○部分サポート
  必要な時に、必要な所をサポート。
  新規格の解説や担当者教育・順法相談など、必要なステップ単位でご支援します。

 

▼サービスの特長:3つのS
 担当コンサルタントは、ISO審査員として豊富な経験・ノウハウを持っています。
 これを活かし、以下3つの視点で、スムーズな移行をサポートいたします。

 Simple:わかりやすく
 Skilled:専門性の高さ
 Spiral-Up:より良い組織に

 

▼提供体系
 どのサービスも、基本は1日・6時間あたり 8万4千円(税別・交通費実費別途)にて承ります。
 お申込み前に、コンサルタントが訪問し、課題・お悩み等を伺います。【ご相談無料・交通費実費】
  訪問後、移行に向けたコンサルティング提案とお見積りをお送りします。
 ご確認後に、お申し込みを決める事ができます。
 ※ 上記は基本条件です。詳しくはWebサイトをご覧ください。

 

ご相談・お申込みは、以下の専用フォーム <http://www.ebagency.jp/gg/mail/> より承っております。

 

 

ニュースリリース — admin @ 10:10 am

2015.12.02 Wednesday

2015年 年末年始休業のご案内

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて誠に勝手ながら、弊社では下記日程を年末年始休業とさせて頂きます。

 

  2015年12月26日(土) ~ 2016年1月3日(日)
  ※1月4日(月)から平常どおり営業いたします。

 

ご不便をお掛けすることと存じますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。

なお期間中のお問い合わせにつきましては、1月4日(月)以降、順次ご対応させて頂きます。

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

                    
                                                    株式会社 環境ビジネスエージェンシー

2015.09.17 Thursday

【日誌】”EA21”を斬る/前篇:環境担当者はつらいよ。

こんにちは。コンサルティング事業部のKです。

 

そろそろ環境報告書やCSR報告書を準備している企業が多いのではないでしょうか。10~11月にかけて発行する企業が多いように感じます。またこの秋、ISO14001・9001が10年ぶりの改訂となり、環境CSR担当者のみなさま、猫の手も借りたい時期ではないでしょうか?(猫よりちょっとマシな手でよければ、Kにお声掛けください!)

 

さて当社は「エコアクション21(通称:EA21)」という環境経営システムの認証を受けています。EA21とは、ざっくり言うと、中小企業向けの環境省版ISO14001でして。

 

私Kは、当社のEA21責任者として、てんやわんやで管理しております。

そのてんやわんやっぷりと、環境コンサルタントの意地で、いかに克服したかを、2回に渡って、書きたいと思います。本日・前篇は「環境担当者はつらいよ!」。次回・後編は「15帳票、1つにまとめました!」です。

 

 

続きを読む >>

コンサルタントK日誌 — admin @ 5:36 pm

2015.09.03 Thursday

【日誌】”環境マインド”を斬る

こんにちは。コンサルティング事業部のKです。

 

早いもので、暦の上では立秋から、もうすぐ1カ月。涼しくなってきました。
秋というと、単純なもので、食欲!スポーツ!読書!と、色んな事をしたくなります。

「○○したくなる」。。。で、ふと思い出した事があって、今日はこのお話を書きます。

 

マズローの欲求段階説、ご存知でしょうか?
アブラハム・ハロルド・マズロー(Abraham Harold Maslow, 1908年4月1日 – 1970年6月8日)というアメリカの心理学者が唱えた「自己実現理論」の通称です。

 

下の写真がマズローさん。やさしそうな方ですね。どういう説かというと、

 200px-Abraham_maslow

出典:http://rmc-oden.com/blog/wp-content/uploads/200px-Abraham_maslow.jpg

 

 

仮に 「生活能力を、すっかり失った すっぽんぽんの人間」がいたとします。

 

この人はまず、どうしたいと思うでしょうか?
マズローさんによれば、食事・睡眠・排泄など、生命維持に必要な事。生きる為、本能的にこうした欲求が生まれます。
さて、これが満たされたら、どうなるでしょうか?
今度は、身の安全や安定を確保したいと思うようになります。

 

こうして、満たされるごとに高い次元の欲求が現れていく。

この欲求をピラミッドで表したのが、マズローの欲求段階説です。(下図)

maslows-hierarchy-of-needs

出典:http://ebookfan.mobi/wp-content/uploads/2013/01/maslows-hierarchy-of-needs.png

 

と、ここまでは、ビジネス本によく出てきます。
専攻が経営学だったKは、モチベーションやリーダーシップの関連で、学生の時に習い、当時はふむふむ程度に思っていたんですが、
最近、心理学の本を読み始め、そこで、

 

実は5段階じゃなくて、6段階だった!(゜□゜)!! ことを知りました。

続きを読む >>

コンサルタントK日誌 — admin @ 6:21 pm

2015.08.24 Monday

「簡易法順守確認コンサルティング」 価格改定のお知らせ

2015年8月24日

 

お客様各位

株式会社環境ビジネスエージェンシー

代表取締役 鈴木敦子

 

「簡易法順守確認コンサルティング」

価格改定のお知らせ

 

このたび、株式会社 環境ビジネスエージェンシー(東京都千代田区、代表取締役:鈴木敦子)は、順法コンサルティング・サービスの一部について、価格改定させていただきます事をご報告申し上げます。

当社は創業以来、順法サービスを主軸としたコンサルティング事業を進めると共に、人財育成を目的として後進指導等にも努めてまいりました。今回の改定対象サービス「簡易法順守確認コンサルティング」は、当社CSR活動の一環として、将来の順法管理の担い手を育成する人財の現場訓練を兼ね、当社研修生同行のご了承と引き換えに、低価格にてご提供を続けてまいりました。

しかしながら、研修生同行の場合、サービスの質の担保およびスムーズな業務遂行が困難であることから、お客様へより質の高いサービスのご提供を目指し、研修生同行の中断を判断し、下記の通り価格改定を実施させていただきます。

当社では、お客さまにより満足していただけるサービスのご提供に努めてまいる所存です。何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

 

  • 対象サービス: 簡易法順守確認コンサルティング
  • 改定実施日 :  2015年10月1日
  • 改定内容 :  改定前)100,000円  
  •         改定後)150,000円(※税別・交通費実費別途)

 

以上

 

■「簡易法順守確認コンサルティング」価格改定のお知らせ.pdf

 

2015.08.16 Sunday

【水質】汚染水処理「全社で対策を」 書類送検受け市原市長(千葉)

 アルミサッシ製造「不二ライトメタル」東日本事業部(市原市八幡海岸通)の水質汚濁防止法違反事件では、同社が排水処理施設の不具合を放置し、基準外の汚染水を繰り返し千葉港に排水していたとされる。11日、法人としての同社と汚水処理担当者らが書類送検されたことを受け、市原市の小出譲治市長は「全社を挙げた取り組みを求める」とのコメントを出した。

 

 親会社の「不二サッシ」(川崎市)によると、アルミサッシを製造する同事業部の工場では、薬品を使用するため、アルカリ性や酸性の汚染水が発生する。本来なら処理施設で排水基準内に収める処理をするが、遅くとも2009年頃から、処理のために必要な施設の整備や機械の入れ替えをしていなかったという。

 

 昨年11月に市原市から改善命令を受けた不二ライトメタルは、4月までに設備を改修して報告書を提出。市の5、6月の立ち入り調査では、問題は解消されていた。書類送検を受け、同社は「環境配慮と法令順守の重要性を認識し、社会的責任を自覚したい」とのコメントを出した。

 

出典:2015/08/12 東京読売新聞 朝刊

 

コンプライアンス事例 — admin @ 4:58 pm

2015.08.12 Wednesday

【水質】市原のアルミ製品工場 海に汚水排出 会社と担当者6人を書類送検(千葉)

 千葉県市原市(イチハラシ)にあるアルミ製品の工場で、適正に処理していない汚水を海に排出したとして、千葉海上保安部は、熊本県に本社がある会社と汚水処理の担当者6人を水質汚濁防止法違反の疑いで書類送検しました。

 

 書類送検されたのは、熊本県長洲町(ナガスマチ)に本社があるアルミ製品の製造会社「不二ライトメタル(フジ)」と汚水処理の担当者6人です。
 千葉海上保安部によりますと、担当者らは去年6月、アルミ製品の材料を生産する際に出る汚水を適正に処理せず、千葉県の基準を満たさない状態で、9回にわたって海に排出したとして、水質汚濁防止法違反の疑いが持たれています。
 千葉海上保安部の調べに対して、担当者らは容疑を認めているということです。

 

 会社の調査では適正に処理していない汚水の排出は、平成21年ごろから去年8月までの間、行われていたことが判明しているということで、会社は水質検査を徹底するなど、再発防止策を実施しているとしています。
 「不二ライトメタル」の親会社の「不二サッシ(フジ)」は、「多くの人にご迷惑をかけ、大変申し訳ありません。二度とこのようなことが起きないよう、環境への配慮を徹底していきたい」と話しています。

 

出典:2015/08/11 NHKニュース 

 

コンプライアンス事例 — admin @ 4:43 pm

2015.08.11 Tuesday

【日誌】 8月11日は山の日(来年から)

こんにちは。コンサルティング事業部のKです。

毎日暑いですね。通勤するだけで、汗をびっしょりかいてしまいます。

 

暑くて仕事にならないぜ!こんな日は休みたいぜ!そんな貴方に朗報です。

2016年から施行される新しい祝日があります。そう!来年の今日、8月11日は休みになります!!

 

ちなみに、この制定以前に、独自に山の日を制定している地方自治体があるので、ご紹介します。(出典:Wikipedia

 都道府県  日付  名称
 群馬県  10月第1月曜   ぐんま山の日
 千葉県  5月17日  里山の日
 長野県  7月第4日曜日  信州 山の日
 山梨県  8月8日    やまなし山の日 
 岐阜県  ぎふ山の日
 静岡県  2月23日  富士山の日
 大阪府  11月第2土曜  おおさか「山の日」
 奈良県  7月第3月曜  奈良県山の日川の日
 和歌山県  11月7日  紀州・山の日
 広島県  6月第1日曜  ひろしま「山の日」
 香川県  11月11日  かがわ山の日
 愛媛県  えひめ山の日
 高知県  こうち山の日

 

お盆休みを迎えられる方も多いと思いますが、山へ行って、リフレッシュというのもいいですね。

neko_kata

 

コンサルタントK日誌 — admin @ 10:04 am

2015.08.06 Thursday

2015年夏季休業のお知らせ

関係各位

 

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて誠に勝手ながら、弊社では下記日程を夏期休業とさせて頂きます。

  2015年8月13日(木) ~ 2015年8月16日(日)
  ※8月17日(月)から平常どおり営業いたします。

ご不便をお掛けすることと存じますが、何卒ご寛容くださいます様お願い申し上げます。
なお期間中のお問い合わせにつきましては、8月17日(月)以降、順次ご対応させて頂きます。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
                     

                                       敬具

                        株式会社 環境ビジネスエージェンシー

 

ニュースリリース — admin @ 9:31 am

2015.08.05 Wednesday

【リサイクル・大気】都 42件の現場で法に基づく助言(東京)

 東京都は、23区と多摩9市と合同で5月1~29日に実施した「建設リサイクル法に関する一斉パトロール」の結果をまとめた。632件の現場を確認した結果、標識が未掲示だったり工事着手前に講じる措置が実施されていなかった現場など42件で法に基づく助言を行った他、約半数に当たる320件で軽微な違反があったため法によらない助言や指導を行った。厚生労働省各労働基準監督署の協力も得て実施した石綿(アスベスト)含有建材の分別状況のチェックについては、大気汚染防止法と都環境確保条例法に基づき53件を指導した。

 

 今回は建設リサイクル法に基づく届け出があった2334件の工事のうち約3割に当たる632件(解体工事611件、新築工事12件、修繕・模様替え工事1件、土木工事など8件)をパトロールした。

 

 この結果、無届けの解体工事や標識の未掲示、分別解体の不徹底が確認された現場など42件に「法に基づく助言」を行った。また、施行規則通りに施工されていたものの仮置きされた建設資材廃棄物が一部混ざり合っていたり、産業廃棄物収集運搬業の許可証の写しを携行していなかったなど軽微な事項に対する「法に基づかない指導など」を320件に適用した。アスベスト処理に関しては飛散防止対策が不十分だった53件を指導。フロン排出抑制法に基づく回収・処理については違反はなかった。

 

出典:2015/08/03 建通新聞(東京版) 

 

コンプライアンス事例 — admin @ 5:07 pm

Powered by WordPress