環境ビジネスを応援します!
環境ビジネスエージェンシーのブログ

ここは株式会社環境ビジネスエージェンシーのブログです。
環境で事業の発展を目指す法人の皆様をプロモートすることが私たちのミッションです。
そのために必要な環境ビジネスに必要な人、情報、インフラ、全ての経営資源をコーディネートします。

2012.05.01 Tuesday

【廃棄物】仙台の産廃1万トン野積み/撤去命令従わず書類送検(宮城)

 仙台市若林区荒浜の敷地内に大量の産業廃棄物を野積みしていた産廃処理会社「ミヤショウ」と関連会社「日生化学工業」が、撤去を求めた市の措置命令に従わなかったとして、仙台南署が廃棄物処理違反(措置命令違反)の疑いで、両社とミヤショウ社長の男性(84)=多賀城市=ら3人を書類送検したことが25日、捜査関係者への取材で分かった。
 ほかに書類送検されたのは、千葉県船橋市に住む日生化学工業社長の男性(69)と、妻でミヤショウ役員の女性(65)。

 送検容疑は、仙台市が2010年9月16日に産廃の撤去を求める措置命令を出したのに、履行期限の昨年1月末までに撤去しなかった疑い。市によると、野積みされていた産廃は自動車の解体で出たプラスチックなどの破砕物で、約1万5800トンに上る。

 当初は日生化学工業が焼却処理したが、ダイオキシンの排ガス基準を守れず、1999年に操業を休止。ミヤショウが02年に事業を引き継いだが、処理が追い付かず、廃棄物が残ったという。
 市は撤去を求める措置命令に応じなかったとして、昨年9月、廃棄物処理違反の疑いで両社を南署に告発。南署などは同年10月、同法違反容疑で、両社の敷地内を現場検証した。
 その後、市が両社に代わって産廃を撤去する代執行を始め、ことし3月に撤去を終えた。処理費用は約2億2500万円に上り、市は両社と3人に請求する方針。

出典: 河北新報朝刊 (2012/04/26付)

コンプライアンス事例 — ebablog @ 10:53 am

Powered by WordPress