環境ビジネスを応援します!
環境ビジネスエージェンシーのブログ

ここは株式会社環境ビジネスエージェンシーのブログです。
環境で事業の発展を目指す法人の皆様をプロモートすることが私たちのミッションです。
そのために必要な環境ビジネスに必要な人、情報、インフラ、全ての経営資源をコーディネートします。

2011.03.10 Thursday

【カーボン・オフセット】「社用車から排出されるCO2をオフセット」 三井住友オートサービス

  三井住友オートリース株式会社は、社用自動車が1年間に排出するCO2排出量をカーボン・オフセットするという。年間で約665トンのCO2を排出しており、その全量を全額会社負担でCERを購入し相殺。本年度中に全額償却を予定しているという。


 同社では、その他にも法人向けCO2排出権付リース商品の販売や、EV自動車・二輪車の導入、カーシェアリング事業への参画など、「グリーンフリート・マネジメント」をキーワードに環境負荷低減活動を積極的に実施している。

環境マーケティング事例 — ebablog @ 6:17 pm

2011.03.10 Thursday

【大気・悪臭】JX日鉱日石:30年間、排ガスばいじん虚偽記録(岡山)

 国内最大手の石油精製販売会社「JX日鉱日石エネルギー」は、約30年間岡山県内の製油所でLPG(液化石油ガ ス)燃焼後の排ガスのばいじんを測定したように装う虚偽記録を続けていた事を県に報告した(2/17)。同社が環境試験業務の外注化を検討する過程で発覚。法令では、2~6カ月に1回排ガスを採取、ばいじん量の記録を義務付けているが、同製油所は、測定をしていないにも関わらず測定済みと記録していた。県では大気汚染防止法違反(虚偽記録)として指導を行った。

コンプライアンス事例 — ebablog @ 5:52 pm

2011.03.10 Thursday

【土壌・土地利用】 有害物質検出なし:積水ハウス工場周辺の地下水問題で(滋賀)

滋賀県が、積水ハウス栗東物流センターの周辺地域の地下水調査で、環境基準値を上回る有害物質は検出されなかったと発表した(2/16)。これは昨年10月、同社が土壌汚染対策法に基づく状況調査を実施した際、敷地の一部で土壌汚染が判明。県が当該汚染による周辺地域への影響有無を調査していた。県では土壌汚染に伴う地下水汚染はないとしたが、当該区域を土対法に基づく要措置区域などに指定、指導を継続するとしている。同社は全区画を掘削除去して再開発する方針。

コンプライアンス事例 — ebablog @ 5:49 pm

2011.03.10 Thursday

【廃棄物】無許可で土砂埋め立て:会社経営者ら3名逮捕(兵庫)

兵庫県警は、無許可で大量の土砂を埋め立てた疑いで、神戸市内の土砂埋め立て業「明宝興産」経営者ら3名を産業廃棄物不適正処理防止条例違反容疑で逮捕した(2/3)。無許可のまま昨年10月、同市内の工事現場から排出された土砂計約150㎥を山中に運搬、計7,900㎡、高さ22mの土砂を埋め立てた容疑。同市条例では1,000㎡、高さ1mを超える土砂を埋め立てる場合は自治体の許可が必要だが、再三の指導に従わなかったため、同市が県警に告発。3名は容疑を認めている。

コンプライアンス事例 — ebablog @ 5:47 pm

2011.03.10 Thursday

【廃棄物】電化製品から銅線取り出し、残りを不法投棄:逮捕(愛知)

 愛知県岡崎署は、2010年10月、県内の山中に金属くずや廃プラスチックなど約720キロを不法投棄した疑いで、名古屋市在住の中国人と日本人大学生の2名を廃棄物処理法違反(不法投棄)の疑いで逮捕した(2/27)。同署によれば、両容疑者は、岡崎市内の電気工事業者に対し、同事業者が保管していた電化製品などを無料で片づけると持ちかけ、金になる銅線などを取り出し、残ったごみを山中など3か所に捨てたとみている。

コンプライアンス事例 — ebablog @ 5:41 pm

2011.03.09 Wednesday

【廃棄物】 不法投棄の産廃山「平川富士」、撤去に苦慮(千葉)

 千葉市緑区平川町で、かつて大量の産業廃棄物が不法投棄され「平川富士」と呼ばれる山がある。市ではこのほどその撤去作業に乗り出したが、約3万5千トン(高さ18m、約4万6千㎥)とあまりに膨大な量の為、その撤去に相当な費用と時間がかかる見通し。昨年秋から市では業者数十社に対し自主撤去を求めているが捗らない。県の担当者は「業者の多くは所在不明で、行政も数十億円の撤去費用は出せない。産廃の山は一度生まれたら、なかなか元に戻せない」と話す。

コンプライアンス事例 — ebablog @ 5:14 pm

2011.03.09 Wednesday

【カーボン・オフセット】 カーボン・オフセットトマトを販売

  山梨県南アルプス市は農家と協働し、バイオマス発電ボイラーを使用して栽培したトマトを販売する。


 トマト1個につき、5キログラムのCO2が相殺されるという。この事業はJ-VER認証をうけており、販売個数は5,000個、都内で販売する。


 市は農産物に付加価値をつけるため、バイオマスの木質ペレットボイラーの活用、普及を目指しており、今度はサクランボ農家にも導入を推進していきたいとしている。

環境マーケティング事例 — ebablog @ 2:55 pm

2011.03.09 Wednesday

【コーズ・マーケティング】 ”1チョコ for 1スマイル”

 

森永製菓は、カカオの国の子どもたちを支援する取り組み「1チョコfor1スマイル<特別月間>キャンペーン」をバレンタインに実施した。

 同社は2003年からチョコレートの売上の一部を国際NGO「プラン・ジャパン」を通じて、途上国の子どもたちを支援する活動を実施。200810月からは、「1チョコfor1スマイル」と称して、年間を通じた支援とともに、年2回の<特別月間>キャンペーンを展開している。


本キャンペーンは対象商品1個につき、1円がカウントされ、年間を通じての寄付金に上乗せされる。バレンタイン特別キャンペーンでは11日から214日の終了までに約2,400万円が集まったという。

環境マーケティング事例 — ebablog @ 2:54 pm

Powered by WordPress