環境ビジネスを応援します!
環境ビジネスエージェンシーのブログ

ここは株式会社環境ビジネスエージェンシーのブログです。
環境で事業の発展を目指す法人の皆様をプロモートすることが私たちのミッションです。
そのために必要な環境ビジネスに必要な人、情報、インフラ、全ての経営資源をコーディネートします。

2014.10.03 Friday

【土壌】古河電工 汚染物質除去へ 甲府工場跡年内に方法決定(山梨)

 甲府市荒川2丁目と甲斐市中下条にまたがる古河電工産業電線甲府工場跡地の土壌から、環境基準を超える汚染物質が検出された問題で、同社が汚染物質を除去する準備を進めていることが30日までに同社への取材で分かった。年内にも適切な処理方法を決めるとしている。

 同社は除去方法を決めるため、表層に土壌汚染が確認された場所を中心に汚染の深さを調べるボーリング調査を実施。今年末までかかる見通しで、詳しい汚染状況を把握し処理方法を決める。現時点で汚染土壌の撤去や薬剤による無毒化が考えられるという。
 同社広報課は「県や甲府市の指導を受けながら、人体に害のない環境基準に適したレベルまで、責任を持って処理する」と説明。一方、跡地の活用法は「未定」(同課)としているが、地元関係者によると、住宅や商業施設など複数の開発業者が購入を検討しているという。

 甲府工場は昨年9月に操業を停止。土壌汚染対策法に基づき、同社が今年5月上旬までに跡地の表層部分(地下50センチ)を調査したところ、環境基準の約140倍に当たる鉛、約3倍のフッ素、約3・7倍のヒ素が検出された。
 県と甲府市は8月下旬、約5ヘクタールの敷地のうち、延べ約2万3800平方メートルを汚染区域に指定し、立ち入りを禁止。周辺住民からは健康などへの影響を不安視する声が出ていた。

出典:2014/10/01付 山梨日日新聞

コンプライアンス事例 — ebablog @ 1:00 pm

2014.10.03 Friday

【土壌】大津・伊香立の汚染土砂 市、現地封じ込め方針(京都)

 大津市伊香立南庄町の土砂埋め立て地で、有害物質が検出されている問題で、大津市は30日までに、有害物質を含む土砂を現地で封じ込める方針を決めた。建設会社による撤去が進まず、このままでは土砂が放置される可能性があるためで、市は10月10日にも建設会社に対する撤去命令を封じ込めに変更する予定。

 建設会社が市に提出した資料によると、埋め立て地内に深さ6メートルの台形状の土壌管理ピットを作り、ピットを5層の遮水シートで覆って、その中に有害物質を含む土砂6300立方メートルを入れる。その上をアスファルトで覆い、さらに4メートルほど土壌をかぶせる計画。

 土砂の埋め立ては、農地のかさ上げを目的に2011年4月から、建設会社が実施していたが、昨年5月の市の調査で、国の基準では「検出されない」となっているシアン化合物が最大1・8ミリグラム確認された。

 市は昨年6月、建設会社に土砂の搬入中止と撤去命令を出したが、撤去には約2億円と多額の費用がかかることなどから、建設会社は市に対し土砂の処理方法を約3千万円でできる封じ込めに変更を求めていた。一方、地元自治会は封じ込めに反対しているという。

 市不法投棄対策課は「封じ込めなら建設会社に施工の意志があり、早期の状況改善が見込める。周辺や下流の環境に対する影響を考えると、土壌汚染対策法に基づく封じ込めが最善」としている。

出典:2014/10/01付 京都新聞朝刊

コンプライアンス事例 — ebablog @ 12:55 pm

Powered by WordPress