環境ビジネスを応援します!
環境ビジネスエージェンシーのブログ

ここは株式会社環境ビジネスエージェンシーのブログです。
環境で事業の発展を目指す法人の皆様をプロモートすることが私たちのミッションです。
そのために必要な環境ビジネスに必要な人、情報、インフラ、全ての経営資源をコーディネートします。

2016.10.06 Thursday

【廃棄物】海士町で不法投棄の土木会社に罰金500万円求刑(島根)

 産業廃棄物約45トンを不法投棄したとして廃棄物処理法違反の罪に問われた海士町の土木会社「飯古(はんこ)建設」といずれも従業員の大野茂被告(63)と梅野照男被告(38)の初公判が4日、松江地裁(大野洋裁判官)であった。いずれも起訴内容を認めて即日結審した。判決は25日に言い渡される。
 冒頭陳述などによると、2人はそれぞれ工務課長と現場班長として土木建築業務を管理していた2014年3
月、町から受注した空き家2軒の解体工事で出たがれきや金属くず、プラスチック片などの産廃を処理場では
ない町内の土地に埋めたとされる。
 検察側は論告で、動機が安易なうえ、産廃の量が多く自然に分解されないものだとして悪質性を指摘。法人としての同社に罰金500万円、大野、梅野両被告にはそれぞれ懲役2年を求刑した。弁護側は同社が現場を原状回復したことなどを挙げて「より寛大な罰金刑」を、両被告には執行猶予付き判決を求めた。

出典:2016/10/05 朝日新聞 朝刊

コンプライアンス事例 — admin @ 3:05 pm

Powered by WordPress