環境ビジネスを応援します!
環境ビジネスエージェンシーのブログ

ここは株式会社環境ビジネスエージェンシーのブログです。
環境で事業の発展を目指す法人の皆様をプロモートすることが私たちのミッションです。
そのために必要な環境ビジネスに必要な人、情報、インフラ、全ての経営資源をコーディネートします。

2013.07.20 Saturday

【廃棄物】不法投棄3分の1に/住民通報で早期撤去/県内11年度(栃木)

 栃木県内の2011年度産業廃棄物不法投棄・不適正処理の発覚量(宇都宮市を除く、1件当たり10ト ン以上)は1981トンで前年度の6118トンの3分の1以下に減っていたことが15日までに、県廃棄物対策課のまとめで分かった。発覚した1981トンは11件分で、このうち10件分1370トンが撤去できた。同課は「近隣住民からの通報で発覚が早ければ、その分、排出者が判明する可能性が高くなり、撤去につながる」と説明している。
  09年度以降の不法投棄・不適正処理の発覚量をみると、09年度は22件、2793トンで年度内の撤去は18件、2298トン。10年度は26件、6118トンで年度内撤去は21件、1113トン。1件で 4655トンの大型案件があり大幅に増えたが、この案件は11年度に撤去済み。
 撤去は不法投棄・不適正処理を行った者がするが、09年度~11年度の件数でみた撤去率は8 ~9割と比較的高かった。同課の担当者は「現場周囲の住民の目が光っていて、情報が得られやすくなっている。持ち込んでいた車両のナンバーを覚えていてもらうことが有効」と強調する。

続きを読む >>

コンプライアンス事例 — ebablog @ 12:27 pm

2013.07.07 Sunday

【廃棄物】 汐留バブル、どうして?(東京)

 高層ビルが立ち並ぶ東京・汐留で先月末、歩道が一時、白い泡だらけになり、警察や消防が出動する騒ぎになった。泡の正体はボディーソープ。一体、なぜあんなことになったのか。  

■路上が泡の海、消防出動騒ぎ  
 ブクブク……。絶えず路上へと噴き出し、一面に広がる泡、泡、泡。まるでそこは泡の海だった。  
 6月28日午後6時ごろ、東京都中央区銀座8丁目の住友不動産汐留浜離宮ビル(23階建て)の 敷地内から大量の泡が路上に流出。「泡が大量に出ている」。通行人から110番通報が入り、警察 や消防が駆けつけ、除去作業に追われた。  
 消防隊員によると、泡は約200平方メートルにわたり広がり、水をかけて排水溝に流したという。「泡がなかなか消えず、作業に手間取った」。近くで工事中だった東京電力の作業には影響はなかった。現場に居合わせた人によると「トイレの手洗いソープのようなにおい」が立ちこめたという。  

■液体せっけん、40リットル流して…  
 築地署によると、ビル13階にテナントとして入るCM制作会社の30代の男性社員が、業務用ボデ ィーソープ約40リットルを給湯室の流し台から水に溶いて流した。流す前には、ビルを管理する住友不動産の男性社員に捨て方を尋ね、その指示に従ったという。  
 ボディーソープは20リットルのポリタンク2個に入っており、CM制作会社が保管していたが、不要になって処分しようとしたらしい。2人は「申し訳ない」と話し始末書も書いたという。
 液体のボディーソープは水と混ぜると泡立ちやすい。せっけんや洗剤のメーカーらでつくる日本石鹸(せっけん)洗剤工業会は、流した際に水との混ざり具合がちょうど泡立ちやすい濃度になり、爆発的に発泡したとみる。

続きを読む >>

コンプライアンス事例 — ebablog @ 12:15 pm

2013.07.03 Wednesday

【廃棄物】廃棄物処理法違反の疑い、山陽特殊製鋼を書類送検(兵庫)

 金属くずを持ち込めない姫路市の産廃処分場に金属くずの処分を依頼したとして、県警は6月28日、東証一部上場の鉄鋼メーカー「山陽特殊製鋼」(姫路市)と担当部長の40代男性を廃棄物処理法違反(委託基準違反)の疑いで書類送検した。
 県警によると、山陽特殊製鋼は昨年4~6月、姫路市が金属くずの搬入を認めていない処分場に、約6・8トンの金属くずの処分を依頼し、持ち込んだ疑いがある。同社は「処分を依頼できないことはわかっていた。法令順守が不十分だった」と容疑を認めているという。   
 県警はこの日、処分場の運営会社(姫路市)と当時の現場責任者についても、不正に金属くずを受け入れたとして、同法違反(無許可事業範囲変更)の疑いで書類送検した。

出典:2013/06/29 朝日新聞 朝刊

コンプライアンス事例 — ebablog @ 6:00 pm

Powered by WordPress